2016年5月5日木曜日

障害者の受講者を考慮したeラーニングプラットフォーム

米国には、ホームページ等の電子媒体において、障がい者がアクセス可能な技術要件を定めている法律があります。(通称リハビリテーション法508号)

eラーニングの世界でも受講者が障害を持つ方々であるケースは多々想定され、508号に準拠したeラーニングプラットフォーム/コンテンツがどうあるべきかについて、下記のリンクがわかりやすく記載してくれています。

実は私は強度の色弱であり、時々ビジネスの場面でもプレゼン資料の色合いにクライアントから首を傾げられることがあります。

下記リンクにあるカラーコントラスト・チェッカーなるものも訳に立つかもしれません。

Should Your Elearning be 508 Compliant?

1 件のコメント:

  1. All too often we have only a vague sense of our development areas and no clue as to how to address Development Areas In workdevelopment Areas In work, areas of development.

    返信削除